福井県コンクリート診断士会

Facebook

令和2年度 プレス情報


橋梁定期点検マニュアル改訂研修開く ~合理化内容、会員へ周知図る~

建設工業新聞の記事
掲載新聞 建設工業新聞
掲載日 令和2年9月23日

【記事抜粋】
 福井県コンクリート診断士会(山川博樹会長)は、県の橋梁定期点検マニュアル改訂研修会を開催し、正会員や学術会員、賛助会員ら約50人が参加し、合理化ポイントを学んだ。 会の第112回のスキルアップ研修会。
 座学は、坂井市丸岡町熊堂の県産業情報センターで行われ、山川会長が冒頭挨拶。19年の改定内容を、会員に水平展開する意義を強調した。
 講師は、公益財団法人建設技術公社の臼井裕喜氏が務めた。福井県の改定内容が、国の方針に沿いつつ、特に三大損傷(塩害・アルカリ骨材反応・凍害)に注視した特徴点を紹介。 山川会長も講師として、5年に1回の定期点検2巡目の手引きを説明した。
 続いて、会員らは九頭竜川渡河橋の五松橋(コンクリート橋)と、五松橋側道橋(鋼橋)に向かい、点検実習を実施。会員が講師役を務める橋梁の点検実習に合わせ、非破壊検査機器を用いた実習にも取り組んだ。 とくに、新入会員の分かりやすさに配慮し。基礎知識や、基本操作を重要視。若手会員の一人は、「非破壊試験も体験的に理解することができた」と、手応えを感じていた。



令和2年9月23日 橋梁定期点検マニュアル改訂研修開く ~合理化内容、会員へ周知図る~
令和2年8月24日 第111回研修会 令和2年度技術交流会 ~使命感の共有図る~
令和2年6月24日 資質向上へ現場研修の充実など ~福井県コンクリート診断士会の総会 Web会議方式~

調査研究事業報告書バナー 創立10周年記念誌バナー 北陸路への寄稿バナー 連携推進事業報告書バナー

事務局

TEL:0776‐56‐1234
福井宇部生コンクリート株式会社内
〒910‐0142
福井市上森田5丁目1105-1